2010-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永遠の0

毎年この時期になると戦争の話題とか出ますよね。
ドラマやったりとかさ。
この時期に合わせたわけでは全くないんですが、「永遠の0」って本を最近読み終わりました。
なんか…本当にこの日本にこんな時代があったのか、と衝撃を受けるとともにちょっと受け入れがたいというか信じがたいというか。
実際はもっともっと救いのない死に方した人がいっぱいいっぱいいたんだよなぁと思うと居た堪れない気分になりますね。
そんでそんなめちゃめちゃな時代を生きた人達がまだ生きてるってのが驚きだよね。
ひいじいとかは今97歳だから戦争参加してたんだろうな。
話なんか一切聞いたことないけど、話してくれるなら聞いてみたい。
普段戦争の事なんかこれっぽっちも気にしてないしさ。
きっとあと数日したらあの本の衝撃も薄れるんだと思うけどさ。
あと数十年したら、日本で戦争を経験した人ってのはいなくなるわけじゃん。
そうなった時に、あの悲惨な状況を後世に伝えれる人ってのはいなくなるわけじゃん。
やっぱり資料で見るのと体験談を聴くのとじゃ天と地ほどの差があると思うんだよね。
そうなった時に同じ過ちを起こさない保証なんてないよね。
って思ったら怖いなぁと思った。
まぁそんだけ考えて抱く感想が怖いなぁだからね。
緊迫感とか一切ないよね現代の子は。←
でも太平洋戦争負けたってことぐらいは知ってたけど、どういう風に負けたのかとかどういう風に兵が扱われてたのかとか、そういうの全く知らなかったからさ。
原爆落とされて負けたんだろぐらいにしか思ってなかったからさ←
自分の国の歴史くらいきちんと知っておくべきだよなぁと思った。

とまぁこれも本の感想と言えばそうなんですが内容かすってすらいないな!←
本当、衝撃を受けるっていう意味では戦争の悲惨さとかもそうなんだけど、あの本自体が素晴らしすぎる。
涙が止まらないなんてもんじゃない。
出勤とかの途中に分けて読んでたんだけど、もう1回一度に全部を読みたいな。
皆さんにもお勧めします。
一回読んで損は無いと思うよ。
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

フリーエリア

最新記事

最新コメント

カテゴリ

◆◇カリブの狼◇◆ (3)
読み切り (2)
未分類 (67)
ギャラリー (5)
バトン (4)
捧げ物 (1)
だすとぼっくす (1)
漫画 (0)
小説 (1)

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。